車両


南北線


500系引退

南北線開業時に導入された車両。大都鉄道1000系をベースに地下鉄に適した設備や構造に直された老朽化により南北線からは引退した。東西線にも在籍しており、更新工事を受けて、未だに現役であるが、新車の導入により、新車の導入により廃車が発生している。

未更新車



1000系

老朽化している500系置換えを目的として導入された車両。当地下鉄初のGTO素子VVVFインバータ制御を採用して、機器の省電力化に加担した。だが、地下鉄は加減速が多いことに考慮して6M4Tという構成となっている。



1500系

老朽化している500系を目的として導入された車両。すでに導入済みの1000系をベースにして、最新機器や設備が一新された。制御装置の変更により4M6T化し、省電力化に成功した。



東西線


500系

南北線開業時に導入された車両。大都鉄道1000系をベースに地下鉄に適した設備や構造に直された老朽化により南北線からは引退した。東西線にも在籍しており、更新工事を受けて、未だに現役であるが、新車の導入により、新車の導入により廃車が発生している。

更新車(東西線用)



3000系

準備中



3200系

準備中



3500系

今までの開発鉄道車輌限定ではなく他社製造の車両を試験的に取り入れ、社員教育に取り組もうという目的で導入された、機器類は一部最新性つ日が入れられたが、他形式車と共通化している。



林間新都市線


4000系

3500系に続いて導入された。当社初の18m級車体となっている。また新路線の林間新都市線の主力車両である。6両編成で構成されており、技術投与元の車両とは、相違点がとても多い。台車や機器は共通化されている。



4500系

4000系に続いて導入された。4000系と同様の18m級車体となっている。また新路線の林間新都市線の主力車両である。6両編成で構成されており、技術投与元の車両とは、相違点がとても多い。台車や機器は共通化されている。